HOME>>超個別について
これまでの個別指導は・・・
指導する側が思い込みで
「個性」を判断するものが多く
その結果、与えられた個別指導が合わない、又は、最悪の場合、1:1の指導が逆効果になること すらありました。
が生み出しました
新しい個別指導
超個別は、
心理学的なアプローチによって「個性」について客観的に分析し、そのそれぞれに対して合理的な方法で学習カリキュラムを作成することで

家庭教師のGTKが他の家庭教師や塾、予備校を圧倒する一番の点は 心理学を応用研究して開発した最新の個別指導 超個別です。

従来の個別指導はまだまだ指導する側の思い込みを押し付けてるかたちで生徒の個性について判断してそれに対して必ずしも適切ではない指導を与えているように思います。

その結果、与えられた個別指導が合わない、または最悪の場合1対1の授業が逆効果になってしまうことすらあります。

ページの上方のイメージ図にあるようにお子さまの個性を客観的に分析してそのそれぞれに 「学習に際してOO動機という動機が優勢する子XX的なアプローチをする」 「精神的なテンポは遅めなので1回の指導時間は長めにする」 「この子の人間関係の構築の仕方だと△△のような接し方をする先生だとよい」 というかたちで合理的な方法で学習カリキュラムを作成することでこれまでの個別指導に比べて高い確率でお子さんに適した個別指導のカリキュラムをご提供することが実現できもっと速くもっとたくさんもっと楽しく勉強することができるお手伝いをすることが可能になりました。

いっしょに成績アップや志望校合格へ向けてがんばりましょう!!