家庭教師のGTK
  代表 :加賀俊樹
  住所 :名古屋市中区大須4−2−47 赤門ビル4F
  電話 :090−1820−8797
  FAX :0567−25−0045
  EーMAIL :超個別 家庭教師のGTK

TOPページへ
  家庭教師のGTKについて
教育理念
家庭教師のGTKの強み
代表紹介
事業沿革・関連事業
  超個別について
超個別誕生秘話
超個別 α(アルファ)
言語成分理論
BTOカリキュラム
  GTKで学びたい方
料金表
指導の流れ
カリキュラムと合格実績
お申し込み
  GTKと共に成長したい方
アルバイト、社員募集
営業パートナー募集


言語成分理論

こちらは私が言語成分理論とでも名づけたいと考えておるものです。平日の昼間に京都大学の先生から突如電話が掛かってきてアイデアについてお褒めの言葉をいただきまして、私自身も非常にびっくりしました。
私の経験で言えば心理学や哲学の学習の後、中断していたはずの英語や数学が以前より分かりやすく学習がはかどる経験をしたことや、また長い時間かけて1つの特技しか無い者に対して1つ1つに対して少ない努力しかしてないのにいくつかのことができる人間というのがなぜか存在します。
お子さんの学習の中で偶然ではなくそれを計画的に引き起こせたらすごく効率の良い学習プランが立てられると思いませんか?
こちらは前項とは違い詳しく説明をしだすと本当に難解になってしまいます。「多元化されたコードとしての言語について認知レベルで一元化した上での成分化を試み個人の自我との特性による成分の変化。。。。。」
何を言っているのかさっぱりですよね?お前は宇宙人か?という感じですよね。

簡単に例え話をしますと、走るのが嫌いでも球技が好きな子であれば、球技を練習させる中で走ることが好きになったり得意になったりさせたりします。また、カルシウムは成長の上で必要な栄養素でありますが、もし牛乳をお子さんが嫌いであれば小魚を切り刻んでカレーライスに入れて食べさせてカルシウムを吸収させたりしますよね。

それを学問の各科目やのみではなく生活の上で経験するできるかぎり全ての活動において言語成分のようなものを考えて私の経験のようなことが誘発できるよう研究して実践投入したいと思っております。 ですが非常に研究レベルが高度であり、存分に実践段階に投入できる段階までは到達しておりません。いまのところ企業力が確立するまでは品格的な実践投入は保留にしております。

このままではだめだと行き詰まりを感じていて、また親御さんの許可も得られ、その仮説についての結果が良い方に見えやすい場合はお子さんに対して稀にこちらの手法を用いて実施もしております。(事例として経済学、経営学を独学した後、以前より少ない勉強時間で英語、数学の成績が上がった。小説ばかり読むようになったけど以前より少ない勉強時間で全体の成績が上がった。などという生徒もいます。)

Copyright © 家庭教師のGTK All Rights Reserved